福祉・バリアフリー

手すりの取付(屋内・屋外)、段差の解消など住環境での生活上の不都合を住宅改修で解決しております。
介護保険制度の対象住宅改修工事も行なっております。(福祉住環境コーディネーター在籍)
施工事例介護保険制度について

介護保険制度の活用

介護保険制度により住宅改修費の支給について

介護保険制度では、65歳以上の高齢者の方で要介護認定・要支援認定を受けた方が自宅において、自立した日常生活を営むためや、介護者の負担を軽くするために、住宅改修費の支給対象となる住宅改修(段差の解消や手すりの取付けなど)を行う場合、申請により,その費用の一部が介護保険から住宅改修費として支給されます。

○詳細はコチラ 京都市保険局介護保険課

対象となる住宅改修工事の種類

1. 手すりの取付け
2. 段差の解消
3. 滑り防止及び移動の円滑化などのための床又は通路面の材料の変更
4. ドアから引き戸などへの建具の取替
5. 和式便器から洋式便器への取替

※各項に付帯して必要な工事も対象となります。
※高齢者の方が、住宅改修を行う場合は、各自治体の補助制度と介護保険の給付との
 組み合わせて活用できる場合があるので、事前に自治体の窓口にご相談ください。



どちらも、事前(工事前)の調査、申請などの手続きが必要となるので、事前にきちんとした検討が大切です。
TOP事業紹介歯科医院住宅店舗福祉・バリアフリー空間作りの流れ会社案内リンクブログお問い合わせ